前へ
次へ

遠隔地や離島と医療のあり方を考える

離島や無医村の場合、定期的に医師が巡回するといわれていても、突発的な病状の悪化や怪我などで緊急手術を行わなければならない場合、距離や時間帯によっては間に合わない可能性があります。
対策として、離島や無医村に医療設備を設立し、VRによって緊急手術ができる体制を整えておくことが期待されるようになりました。
通信環境が整うことによって、遠隔地であってもリアルタイムで治療を行えるようになって来ています。
設備を確保し、定期的なメンテナンスや物資の補給を行っておくことで、万が一の時にいつでも使えるようにしておけば、緊急手術が簡単にでき、患者の回復も早くなるでしょう。
麻酔なども常備しておけば、全身麻酔が効いている間に遠隔地の医療機関院から人員が派遣され、患者の病状を確認し、入院や遠隔地の医療機関へ運搬するかの判断を決めやすくなります。
もちろん手術を済ませている場合は動かすことが危険となりますので、入院をしなければならないことが多いでしょうが、急な病状に対応できる設備を作っておくことは、急務といえるでしょう。

Page Top