前へ
次へ

かかりつけ医師を作る医療システムの構築

日本では大規模な病院志向が強く、例えば風邪や少し怪我でも大きな病院を利用する人が多くなっています。
病院の混雑が進んでいて、通院にかかる費用や時間などがかかってしまい、その分充分な診察を受けられないケースもあります。
特に重篤な救急患者がスムーズに治療を受けられるよう工夫をしなければいけません。
このような病院でのトラブルや不都合などを回避するため、一人ひとりが適切な治療を受けられるよう厚生労働省は地域医療支援病院を中心にする医療機関ネットワークによる病診連携システムを推進中です。
このシステムにはいろいろなメリットがあり、速やかな診察や治療を受けることができます。
病状に応じて登録している医師名簿から近くにある医院や診療所などを選択し、かかりつけ医師として日常医療に利用することを推進しています。
必要な事態には大きな病院と共同治療を行うことができ、連携することによって待ち時間が少なかったり過去の診療データを元にしてスピーディーな診察や治療を受けることが可能です。

Page Top