前へ
次へ

医療機関で脳ドックを受けるべき人

怖い病気としてがん、心臓に関する病気、そして脳に関する病気があります。
どの病気にしても何の前触れもなく突然起こることは珍しく、症状として急に出る場合でも体の中ではそれなりに進行していることが多いです。
もし病状が軽い状態で見つかれば早期治療できるのでその分完治できる可能性も高まるでしょう。
脳に関する病気を早く見つける方法として医療機関では脳ドックが受けられる時があります。
人間ドックのオプションなどでつけられたりもします。
脳ドックにおいてはMRIを使う方法とCTを使う方法が知られています。
これにより脳梗塞が見つかったり脳動脈瘤が見つかったりします。
ただ脳梗塞は一定年齢になるとほぼ誰にでもあるもので、よほど数が多かったり病状が広くない限りは治療の必要はりません。
脳動脈瘤もあったからすぐに手術が必要な例は少ないとされています。
医療機関で脳ドックを受けるべき人としては、日頃から頭痛などが激しくて辛い人や、過去に検査で異常があった人などになるでしょう。

Page Top